教員免許

教職に関する科目(教育学部で開講)

数理科学コースでは、通常の教育課程とは別に定める所定の科目(教職に関する科目)を修得すると、卒業時に申請により以下の教員免許を取得することができます。

  • 中学校教諭1種免許状(数学)
  • ⾼等学校教諭1種免許状(数学)

中学校や高等学校の数学教員に求められる能力には二種類あります。一つは、「教科(数学)に関する専門性」であり、もう一つは「教育者としての資質」です。

数理科学コースの教育課程においては、数理科学全体に対して十分な知識と応用力が身につくように鍛えていく体制となっています。したがって数学を自分で活用していく能力は間違いなく身につきます。ところがそれだけでは教員にはなれません。教員にはそれらを次の世代に伝えていくという重い使命があるからです。自分でわかっていることと他の人にわかってもらうことの間に大きなギャップがあるのは実感としてわかるでしょう。「教職のための科目」は教員として生きていくための知恵をつけるための科目といえます。例えば教育実習もこれに含まれます。

教員志望の学生はそれ以外の学生に比べてずいぶんと重い負担があります。それを乗り越えて初志を貫徹できるように日々の学業に励んでください。

教職に関する科目

◎教職の意義等に関する科目(中:2単位、高:2単位)

○教職論         2年前期

◎教育の基礎理論に関する科目(中:6単位、高:6単位)

○教育原理        1年後期
○教育心理学       2年前期
○教育制度・経営論    2年後期

◎教育課程および指導法に関する科目(中:12単位、高:6単位)

○教育課程と方法論    2年後期
○数学科指導法A     2年後期
●数学科指導法B     3年後期
●数学科授業論A     3年後期
●数学科授業論B     4年後期
○道徳の指導法      2年後期
○特別活動の方法と理論  2年後期
□教育方法の理論と実践  3年前期

◎生徒指導、教育相談および進路指導等に関する科目(中:4単位、高:4単位)

○生徒指導の理論と方法  2年前期
□教育相談の理論と実践  3年後期

◎その他(中:7単位、高:5単位)

□教育実習(中)     3年前期
□教育実習(高)     4年前期
□教育実習事前・事後指導 3年前期
□教職実践演習      4年後期

(注意)
  ○印と□印は必修科目です。
  ○印は教育実習(中)のためにあらかじめ修得しておくべき科目です。
  ●印は選択必修科目(1科目)です。
  中学校免許を取得するためには、これ以外に介護等体験(社会福祉施設5日間、特別支援学校2日間)が必要です。